東浦道から哲学的ケーキ屋に

先日は朝日山に登りましたが、今度は違う山に。その名もナコウ山。この山を通って、隣駅の宇佐美に通じる道があるらしい。その名は東浦道。

調べて2種類の地図を手に入れたもののどちらも適当というか、登山というか道なき道を進むことになりそうなことを示唆。今日は1時から仕事のために、11時に2時間見込みで、一番手前の山道に入る手前の大島茶屋跡まで行ってみることに。

もう入り口から狭くてわかりにくく、一旦迷うw
こちら側は網代側(旧漁村)と違う多賀地区、旧農村でまだ農業されている方もいます
ここまで徒歩20分、まだ誰ともすれ違いません

住宅事情でも書きましたが、ここからはリゾート地独特の別荘地、簡単にいえば、なかなか開発許可が出ない場所で開拓・造成をしたい業者が、公共施設・道路・水道などを自分たちで管理し、自治体に迷惑(金銭的)をかけないから、開発させてくれという条件で作られた場所。

中腹から見える網代・朝日山の方。ほぼ同じ高さなので、こちらの山のほうが高そうです。
やっと、コースを示す表示を発見、ここまで40分くらい登ってるんですけど…
中腹から見える初島側
プール付きの豪邸も、さすが別荘地
西熱海グリーンヒルはここまで
最近、自然と獣道が見える様になりました。

なんとバス停を発見! 運行されているのだろうか? 別の別荘地に突入ですね。ここからは、あじろ 南熱海ヶ丘。

目的地に到着、ここからの道はもう…今日の装備(スニーカー&ジャージ&半袖)では、間違いなく後悔することになりそうなので、予定通りココまでにしましょう。調べて見ると、近くにケーキ屋があるので、そこによって帰りましょう。

こっちからは上多賀側&長浜ビーチが見えます。ちなみに手前の土地は分譲済み。この土地を相続する人はどうするんでしょうか?

なかなか見かけない、ガードレール側のほうが危なそうな道
こちらもいろいろとありそうですね。
やっぱ、バス運行していないのかな?

ケーキ屋の写真撮り忘れましたが、山を降りてきました。と、なんか、新しいコースを発見。あの険しい山道に挑む前に、まずこっちに行ってみようかな。

かるふーる/だいだいグルメ

ケーキ屋さんとのことでしたが、今はお弁当がメインとのことでした。次回ですね。

30分の登山、90分のハイキングとして、消費は800キロカロリー。アップルパイは300キロカロリー。ケース屋にいって、2個食べても、栄養がマイナス?? お弁当も800キロカロリーくらいなので、お弁当を買いに行っても、ゼロカロリー?? これほど、ヘルシーな飲食店は東京にはないですね。

食べるほど痩せるケーキ屋です♪

The following two tabs change content below.
2022年3月より、東京から引っ越し熱海市下多賀で古家で田舎暮らしをスタート、月13万円で楽しく生きられるでしょうか・ω・金持ちいわく、年収200万は地獄らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。