新しい目標! Книга о вкусной и здоровой пище

気分一新。と、朝寝ぼけながらニュースを見ていたら、ボルシチはロシア料理ではないという記事が。その哲学論争はともかく。

著作権フリーの本の翻訳、同人出版を趣味としているのですが、それにピッタリの次の目標を見つけました! これを翻訳します。800万部以上売れたベストセラーみたいなので、どっかで手に入るだろう。

原著 Книга о вкусной и здоровой пище 1939年出版(1989年著作権終了) 

英語 The Book of Tasty and Healthy Food (英訳は2012) こちらはまだ著作権あり

以下、自動翻訳

美味しく健康に満ちた本( Книгаовкуснойиздоровойпище、 Kniga o vkusnoi i zdorovoi pishche)は、 USSRの医学アカデミーの栄養研究所の科学者によって書かれたロシア 料理の本です。クックブックは1939年に最初に発行され、1952年にさらに版が発行されました。


ロシア革命後、公式のイデオロギーは、労働力と資源を最大限に活用し、女性を解放して働くために、共同の食事の準備と食事を促進しました。しかし、広範囲にわたる食糧不足と相まって、これは食糧の質の低下と選択肢の制限をもたらしました。[2]

1930年代にソ連の食品産業の人民委員会であったアナスタスミコヤンは、ソ連が食品の生産と消費の方法を近代化する必要があると確信するようになりました。彼は広く旅をし、缶詰の製造やアイスクリームの大量生産など、多くの革新をUSSRに持ち帰りました。1930年代後半、彼は家庭の台所に戻ることを奨励する家庭料理の本を作成するプロジェクトを主導しました。[2]

導入前のロシア料理の定番料理本は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて多くの版で出版され、革命後も多くの家庭に残っていたエレナ・モロホヴェッツの「若い主婦への贈り物」でした。しかし、それは中流階級と上流階級の家庭を対象としていたため、ブルジョアであると眉をひそめました。さらに、そのレシピの多くは、ソビエトロシアでは入手できなかった材料と実用的でない技術に依存していました。したがって、新しい料理本は、新しいソビエト料理の参考書になることを目的としていました。

wikiより

最初の2ページを翻訳してみましたが、

同志スターリンは、「わが革命の特徴は、人民に自由だけでなく、物質的な豊かさをも与え、さらに豊かで文化的な生活の可能性をも与えたことである」と述べた。

私たちの繁栄する祖国の生活は、日々、より豊かで美しくなっており、全人類の平和と安全のための偉大な闘いにおいて、先進的な人類の先駆けとなっています。

 戦後初の5カ年計画は順調に遂行され、この計画の最も重要な課題をかなり上回ることができた。 戦後初の5カ年計画は、見事に達成された。1950年の工業生産高は、1940年に比べて73%も増加した。1950年には、1940年に比べて73%も工業生産高が増加した。

「おいしくて健康によい食べ物の本」 - 山口訳

レシピ集らしかぬ始まりww やっぱり面白かったので今後も楽しみです。では

The following two tabs change content below.
2022年3月より、東京から引っ越し熱海市下多賀で古家で田舎暮らしをスタート、月13万円で楽しく生きられるでしょうか・ω・金持ちいわく、年収200万は地獄らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。