マナーのプロ

1895 Henley Royal Regatta

昨日の記事を書いてから、この話広がらないかなと思って一晩家飲みしたのですが、考えれば考えるほど面白い話だと思った次第です。

日本で一般的にプロ・アマ問題というと野球の話だと思う人が多いのかもしれませんが、スポーツ全般におけるプロ・アマ問題というものは、スポーツの主体に関する問題です。

ローズ・クリケット場のような大規模な常設専用競技場が登場したのもこの時期の特徴であろう。もっとも、大部分のスポーツはいまだ共有の空き地や公道で行なわれていたし、観客は文字どおり「見物人」で、入場料が徴収されることはほとんどなかった。

すでにプロ選手もいた。19世紀末に登場し、現代へと繋がるプロとは違い、彼らはジェントルマンの遊び=スポーツのために働く使用人[サーヴァント]の一種であった。実際、19世紀初め頃までのクリケットのプロ選手の中には、ジェントルマンの屋敷の庭師や猟場番を務める者がいたし、ボクサーの中には貴族のボディガードを兼ねる者もいた。クリケットでは、彼らはプレーヤーと呼ばれ、ボクシングではピュジリスト、競馬の騎手はジョッキー、狩猟ではハンツマンなど、それぞれが個別の名称で呼ばれた。逆に、彼らを雇うジェントルマンたちは、どのようなスポーツを行なう場合でもスポーツマンまたはジェントルマンの名で呼ばれ、またそれを自称した。同じスポーツに関わっていても、ジェントルマンにとってのそれは娯楽であり、プロにとってのそれは労働だったのである。

スポーツの世界史 坂上康博, 中房敏朗, 石井昌幸, 高嶋航 編著 一色出版, 2018.9

ちゃんと定義すると記事が長くなりますが、簡単にいえば、アマチュアリズムにおいて、主体はアマチュア(ブルジョワジー=ジェントリー)であり、金銭を得て働くプロは労働者(プロレタリアート)に過ぎないわけです。

自分に慣れ親しんだスポーツ業界におけるこの関係が、そのままマナーの業界にも当てはまることに少し驚き、もう少し深く勉強してみようと思いました。

例えば、学術研究においてはそんな訳はなく、プロの研究者が研究した結果を、プロの教育者が一般化していき、最終的にはアマチュアである学生に教育がされます。プロの研究者が主体であるのは間違いありません。相対性理論を書きかげたアインシュタインが一番偉いのです。

しかし、マナーの(ここでは食事のマナーを前提に)プロは何も生み出さず、逆にアマチュア(貴族や資本家)が生み出したマナー文化を無批判に受け入れ、それを次の世代の無知なアマチュアに再生産をしていくわけですが、プロなのに労働者に過ぎす、自身が主体になることがないという点では、スポーツのプロ・アマ問題と同じ構図にあるように思うのです。マナーのプロとして生徒にグランメゾンでの貴族の晩餐会での立ち振舞を無知な生徒に教えることをしても、自身がその場に主体的に参加することは一生ないでしょう。

スポーツの世界ではもうアマプロ問題はありません。オリンピックでは74年にアマチュア規定が削除され、多くのプロ選手がスポーツで活躍しています。対して、マナーの世界でプロがアマを超えて活躍する日が来るとは…ないでしょう。面白い。

次回7日に国立国会図書館に行く予定なので、それまでに収集する資料のリストアップをしましょう。

革命的マナー

平日になったので来宮神社に初詣に
アリがてぇー
猿回し的な??
冬の海は寒くて空気が安定しているので、遠くがきれいに見えますね。
伊豆山の土砂を流用した埋め立てできつつありますね。
期間限定美味しかったです、ソースが絶妙にあってます、正月なので贅沢しました

本日の読書はこちら。作者は頭悪いのに賢いふりしている感じの人でしたが、引用していた一文は考えさせられるものでした。 (共産党幹部の高級レストランでのマナーの悪さを観察して)

階級の差を撤廃することは可能だが、奇妙なことに、食卓では依然として階級の差が歴然と存在する 

パトリック・マッギネス「最後の百日」

マナー教師、教室なるものをだいぶ馬鹿にしてきましたが、その活動が階級闘争であるとするのなら、評価を改める必要があるかもしれません。ブルジョワジーのマナーをプロレタリアートが努力して身につけることは前衛的革命活動である可能性があります。バカにしてすみません。

40歳への目標を

熱海で暮らして半年、6月からは東京の家に泊まることもなくなり、移住という目標は達成できたのではないかと思います。11月までには東京の家の光熱費の請求も終わるので、来年の1月を目処に次の目標はリアル13万円生活を目指しています。節約するというのもちょっと楽しくなってきました。

家の売却額が決まり(詳細は別の記事にします)、会社の無借金にするための資金と今の家の修繕費を差し引いて、400万円ほど手元に残る計算。これを次の目標、大学院の学費にすることにしました。国立しか無理だと思ってましたが、私立でも行ける計算だが、まぁ、通い慣れた筑波大に戻るかな。

いつか行きたいと想い続けて10年くらいでしようか。専門的にアーチェリーを研究したいと。ということで大学の研究科に連絡をとり、受験に向けての準備に何が必要か聞いてきました。青の部分はできているが、受験までに赤の部分までを完成させる必要があるとのこと。もっと具体的に言えば、先行研究を読み込んで、「したいこと」と「できること」を整理して、研究計画書を書くことを必要とのことでした…しかし、論文は全部ネットで読めるわけではなく、国立国会図書にまた通うことになりそうです…東京にいる時にやっておけばよかった。

今から準備して、2023/7、2024/7のどちらで受験しようかなと思っています。目標がないとだらだら生きてしまうので、新しい目標を設定して頑張ります!