近所のお散歩

トンネルの工事で立ち退きとなったという家

昨日は飲み屋さんで、地区の自治会の組長さんと遭遇。先日メニューをもらったてんふぁん(中華料理屋)さんから出前で餃子をごちそうになりました。ありがとうございます。ちなみに、自分が住んでいる山の名前が小山(おやま)で旧町名だったとのこと(現在は下多賀)。

山の整備をしていると、ユーチューブやったらと言われますが、そんな余裕は1mmもないです。やっている人はどんな感じか、今ユーチューブ(ヒロシちゃんねる)見ながら記事書いていますが、やっぱり草刈りからですよねw 共感しかない。

でもやっぱり大変そうです。作業して、カメラ調整して、作業してと…動画での作業記録はやりません!

これはずっと気になっていた坂道。国道沿いなのですが、こんなやっぱに整備されているのに、先の道がないのです。

登った先は完全に管理されていない感じです。ここを超えれば、家の敷地までたどり着けますが、長靴ではなく、スニーカーで立ち入っては失うものが多そうです。やめておきましょう。

前にはうちの図面にも登場する鉄道杭なるものを発見。JRの敷地のようです。「エ」はレールの断面をモチーフにしたシンボルとのこと。

場所としてはここ。→は写真を撮った向き。現在使われていない旧小山隧道で80年代まで使われ、その後、隣の新小山トンネルに引き継ぎされたようです。

https://itoline.i-ra.jp/e1186255.html より

ちなみに反対側はこんな感じ(右側)、網代駅からここ通って家に帰れれば大幅にショートカット、3分で家につけそうですが…許しては貰えなそう。

網代(伊東市寄り)の反対側の伊豆山(小田原市寄り)で土砂災害があって心配されていますが、この小山はJRが管理しているので多分安心ではないかと思う。

山の麓に源泉を発見。上の構造物はボーリングのときに使ったものでしょうか? 結構新しいです。

朝食はこちら。常識かもですが、こういう場合、パンの下に水分が溜まっているので、裏返して温めることで、パンの上下で水分量を均一にすることができます。味はお値段以上?くらいの感じですかね。朝食にはちょうどよいです。

The following two tabs change content below.
2022年3月より、東京から引っ越し熱海市下多賀で古家で田舎暮らしをスタート、月13万円で楽しく生きられるでしょうか・ω・金持ちいわく、年収200万は地獄らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。