読んでいない本について堂々と語る方法

海に入ってみたけど、まだ少し冷たい感じでした。

午前中、鳥に好意的な(?)記事を書いたからなのか、帰り道、鳥がずっと家の上を旋回してましたw

先日届いた娼婦が分厚すぎたので、薄い本を読破。帰宅、山を登る前に飲み屋にいくクマムシさんにばったりあったので、シャワーを浴びてすぐに駆けつけます。こちらの本の感想は明日にでも。では。

沈黙の春

移住関係の検索が多いのか、こんな記事が表示されました。…異常すぎるのではないだろうか。

鳥の鳴き声については自分も書きましたが、朝、意識朦朧?? 半分寝ている状態で鳥の鳴き声を聞き続けながら、哲学してみると、自分は正常な世界に生きているんだなあと実感する。

このライター、沈黙の春という本を知らないのでしょうか。

沈黙の春』(ちんもくのはる、Silent SpringISBN 978-4102074015)は、1962年に出版されたレイチェル・カーソンの著書。DDTを始めとする農薬などの化学物質の危険性を、鳥達が鳴かなくなった春という出来事を通し訴えた作品。

沈黙の春 wiki

鳥はうるさいくらいがちょうどいい。

CPUの気持ち

あ、上下逆だ…いや、そもそも上下あるのか?

今年、まだエアコンを使わずに頑張ってますが、さすが本日は熱海では風がなく、汗が止まらず…家中なにかないか探したら、CPUクーラーを発見!!!

汗が止まる程度には人間も冷やせる能力があるようです、しかも静か!助かりました。

氷たけぇーよ

昨日はステーキだったので、ランチはモスに。

二階の屋外席に挑戦、扱いはテイクアウトになるみたい。熱中症防止のために、ポテトはやめて、ドリンクをLサイズに。ちょっと焼けましたかね。

上が熱海多賀店、下が東京東中野店、氷の値段が東京のほぼ倍。なんで??